DAIKEN
生枠
鎌倉
浅草
沖縄市松
京都
目積
有明
嵯峨野
金沢
倉敷
葉山
基本
畳替えメニュー
たたみ替えの豆知識
お問い合わせ
   
 
さらり畳 >>さらり畳の特徴と効果

さらり畳は、お茶殻を有効活用して誕生した畳です。
お茶には、カテキン等のポリフェノール類やビタミン類などの有益な物質が含まれており、これらは抗菌・消臭などをはじめとするさまざな効果があります。お 茶を入れるときに出た茶殻にも多くの成分が残っているのです。今までは未利用資源である茶殻を畳ボードに混ぜて、消臭効果抜群の茶葉入り畳が出来上がりま した。

     

さらり畳の効果

1.タバコの悪臭で実験してみました。

実験方法 密閉空間に茶配合ボードと他社ボードを入れて、タバコを5分間燃焼後、2分間放置。
タバコのイヤな臭いの元となるアンモニア臭の吸着量を計測しました。

結論 実験の結果から、茶配合ボードは燃焼時間中から悪臭を吸着し、
他社ボードより吸着速度が速いことがわかります。

実験結果をみてみよう
茶配合ボードがタバコのにおいを吸着 茶配合ボードがタバコのにおいを吸着
(伊藤園調べ)

2.ボード吸着後の再放出量を量ってみました。

実験方法 密閉空間に茶配合ボードと他社ボードを入れ、タバコの煙を十分に吸着させ、
1時間後にアンモニア臭を放出する量を測定しました。

結論 繰り返し放出試験を行ったところ、茶配合ボードは他社ボードに比べて
再放出量が少ないことが確認されました。

実験結果をみてみよう
茶配合ボードがタバコのにおいの再放出を抑制 茶配合ボードがタバコのにおいの再放出を抑制
※測定限界値以下…臭いを感じないレベル (伊藤園調べ)

3.イソ吉草酸(足臭)消臭試験

実験方法 綿100%靴下(片足分)の裏面にイソ吉草酸を染み込ませて、悪臭放出靴下を作製。
アクリル製密封ボックスに木板(無塗装、フローリング部材45センチ×9センチ×20枚)、 茶配合ボード(さらりボード 45センチ×45センチ×4枚)を敷き詰め、靴下をボックス内 に入れて、イソ吉草酸ガスの濃度を計りました。

結論 木板を敷きつめた場合、試験開始90分後には、ガス濃度は1.3ppmまで上昇。茶配合ボードの場合は0.5ppm以下におさえられ、茶配合ボードは、イソ吉草酸の吸着量が多いことが明らかになりました。

実験結果をみてみよう
試験装置図 茶配合ボードのイソ吉草酸(足の臭い)吸着効果
(伊藤園調べ)
Next