DAIKEN
生枠
鎌倉
浅草
沖縄市松
京都
目積
有明
嵯峨野
金沢
倉敷
葉山
基本
畳替えメニュー
たたみ替えの豆知識
お問い合わせ
   
 
さらり畳 >>さらり畳の選び方

さらり畳の選び方

さらり畳は、畳床、畳表、畳縁をご自由に組み合わせいただけます。選び方は、ご予算、設置場所によって違ってきますので、ご相談ください。

STEP1 畳床を選ぶ

1型
すべて茶配合ボードで構成された、自然派床。ワラ床と同等のコシを持ち、優れた断熱・防音効果を備えています。
  2型
茶配合ボードとスタイロフォームの2層式軽量タイプ。下からの防水・断熱に特にに優れ、RC造住宅やマンションにお勧めです。
  3型
茶配合ボードでスタイロフォームをはさんだサンドイッチ構造。一般住宅から集合住宅まで幅広く利用されている標準タイプです。

※茶配合ボードは特許出願中。
※3タイプとも表面を保護するシート「さらり不織布」付きの高級仕上げ。
※「Ⅰ型」はエコマーク認定商品です。
エコマーク

STEP2 畳表を選ぶ

国産畳表/麻綿たて糸
こだわりの和室にお勧めのタイプ。麻と綿、2本のたて糸を使っているので、畳表のひとつひとつの山にくっきりと厚みが出て、お部屋を豪華な印象に。1枚あたりのい草の使用量も多く、耐久性に優れています。
  国産畳表/麻たて糸
家庭の居間や座敷にもっとも使用されているタイプ。締まりのよい麻たて糸を使っているため、適度な厚みと耐久性を備えています。
  国産畳表/綿たて糸
予算に制限があっても、美しく。もっとも経済的なタイプです。使用頻度が高く、頻繁に畳表替をする必要のある場合などに適しています。

STEP3 畳縁を選ぶ

畳縁
※このほかにも、バリエーション豊かな畳縁をご用意しています。詳しくはお問い合わせください。

STEP4 できあがり

上記の3ステップでお好みのさらり畳の完成です。 さらり畳